個人タクシー

個人タクシーのドライバーになるには、10年以上のキャリアが必要になります。35歳未満の場合、法人タクシードライバーとして10年間無事故無違反が求められるのです。この場合、同一法人タクシー会社に勤務していることが必要になります。

ドライバーになった理由ランキング

no.1

たくさん稼げる

割りと時間に余裕のある職業として知られているのがタクシードライバーです。タクシードライバーになる理由として多いのが、稼げるからなのです。よく言われるように、自分が頑張れば頑張るほど稼ぐことができる職業と言えるでしょう。

no.2

時間的に余裕が欲しい

タクシードライバーは月に13日しか働くことができません。その為、休みがたっぷりとあるのです。自分の時間をたっぷりと確保したい方にとっては理想の職場と言えるでしょう。趣味などを大切にすることができる職場です。

no.3

安定した収入が欲しい

一般的にタクシードライバーは給料が少ないと考える方もいるでしょう。ですが、安定した収入を得ることができる職業なのです。一般的に年収400万円から500万円程稼ぐことができるでしょう。中には800万円以上稼いでいる方もいます。

no.4

制服がカッコイイ

タクシードライバーの制服に憧れて転職する方も多いようです。きちっとした制服を着て働くことができる職場はあまりないので、魅力的に感じるのでしょう。また、白い手袋もタクシードライバーならではのものといえます。

no.5

定年後に時間が余っている

定年退職をした後に、タクシードライバーへ転職する方も多いのです。時間が余っているけど、あまり長い時間は働きたくないと思っている方も少なくなりません。月に13日程度なら、体力的にも大きな負担はないでしょう。無理なく続けることができます。

タクシードライバーになる流れ

Taxi driver

面接と健康診断

まず、タクシー会社の求人を探してから履歴書を送ります。面接ではなぜその会社を選んだのかしっかりとアピールしましょう。また、面接と合わせて健康診断を行う場合もあるので、面接の日程と合わせて確認しておくと良いでしょう。

二種免許獲得

タクシーを運転するには、二種免許が必要になります。基本的に、タクシー会社では二種免許取得に必要な費用を用意してくれるので安心です。教習所自体も会社が手配してくれるでしょう。また、取得方法として、合宿免許で取得する場合もあります。

社外研修

基本的にタクシードライバーは地理試験の取得を目指します。無線グループの講習を受講することになるでしょう。地理試験は給料面のみならず、実際に現場でドライビングする場合にも役立ちます。研修を生かしてしっかりと学びましょう。

新人研修

新人研修の方法は各タクシー会社で多少変わってきます。一般的には人事教育担当や先輩ドライバーから研修を受けるでしょう。一緒にタクシーに同乗してドライブを行うこともあります。この機会に、分からないことなどを教えてもらいましょう。

デビュー

新人研修までが終了したら、ついにタクシードライバーとしてデビューします。最初の数ヶ月程は給料を保証してくれる会社もあるので安心です。まずは、仕事に慣れることに集中した方がいいでしょう。慣れることが一番大切なのです。

広告募集中