資格について

woman

最近できた資格

貿易実務検定が実施され始めたのは1998年です。今から20年程前になるため、比較的新しい資格と言えるでしょう。新しい資格だからこそ、ライバルも少ないといえます。できるだけ早い内に取得しておくと、就職や転職で有利に働くでしょう。

知識とスキル

貿易実務検定の資格取得には、知識とスキルが必要になってきます。一般的にどの資格でも同じように知識とスキルが必要になってくるでしょう。多少難しいからこそ取得する価値があります。

実務経験

試験はA級からC級までに分かれています。C級ならそれほど実務経験がない者でも試験を受けることが可能です。まずは、C級を取得してからステップアップしていくと良いでしょう。そうすることで、確実にA級まで取得できるようになります。

総合的な知識力

試験の内容は幅広く、様々な知識が必要となります。多くの知識が必要となってくるでしょう。総合力が問われる検定なのです。つまり、この検定を取得しておけば、貿易に関する豊富な知識を持っていることをアピールすることができます。

具体的な内容

試験内容としては、マーケティングや輸送機関の選定、手配に関わる知識が問われます。また、通関や外国為替、海上保険に関する知識なども問われるでしょう。貿易に関わる環境や、語学も検定には登場します。かなりの知識が必要になるでしょう。

勉強方法

基本的にC級の場合は特別な勉強方法は必要ないでしょう。試験のテキストを購入して、その過去問を解くことで合格する確率が上がります。貿易に関する基本的な知識を問われる試験になるので、難しい問題は少ないと言われています。

メリットや合格率

知識を示す

貿易には様々な知識が必要となります。貿易実務検定を取得することで、貿易の実務に関する幅広い知識を持っていることをアピールできるのです。実務に関する知識は、現場で役立ちます。即戦力として期待されることでしょう。

時世

貿易実務検定は、時世に沿った知識が身に付く検定です。古い知識の場合、現代では通用しないこともあるでしょう。ですが、現代の時世に沿った知識であれば安心です。通用しないということは、まずないでしょう。今の時代に沿った検定なのです。

英語力

貿易実務検定での英語は、商業英語です。より、現場でのビジネスシーンに合った英語を学ぶことができるでしょう。ビジネス英語とも言われます。試験では、ビジネスレターの書き方も出題されるので、実践的な英語が学べるでしょう。

C級

C級試験の内容としては、比較的初心者レベルの内容です。まずは、基本的な知識を試す意味合いがあるでしょう。貿易実務に就くことを考えている方向けの検定と言えるのです。試験は全てマークシート形式で、80パーセント以上の得点が必要になります。

出題範囲

出題範囲を覚えておくことで、より勉強が捗るでしょう。基本的にC級の場合は、試験の範囲が広くなります。範囲は広いですが、基本的な知識を問われるので勉強しておけば安心です。貿易に関する基本的な知識と商業英単語、英文解釈などが出題されます。

広告募集中